自宅・支店・海外出張先…どこからでも参加OK!!

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の位置づけについて教えてください。

A. ビデオ会議システムと言えば、ポリコムやタンバーグと言った専用機型が主流となっていますが、高音質を実現している反面、コストが高い、設置場所も限定されるといった制限が多いのも現状です。
そこで現在主流となってきたのがパソコンにWebカメラを取り付けて、手軽に使えるWeb会議システムです。
 これはパソコンのデータを共有することもできますし、出張先や海外からも気軽に参加できるところから利用者も増えておりますが、品質面での課題も多く、導入済みユーザ様よりあげられるご要望の
第1位が画質面での改善となっております。一方スカイプなどに代表される無料ソフトを使うケースも増えてきておりますが周辺機器との相性や運用面での問題解決をすべて自社で行う必要があり、システム管理者にとっては大きな負担となっております。
 また最近の新しい流れとして、マイクロソフト社のオフィスコミュニケーションサーバ2007に代表される
ユニファイドコミュニケーションがあります。
 これは電話はもちろん、インスタントメッセージ、テレビ会議などの多様なコミュニケーション手段を1つのソフトウェアで統合し相手の在籍状況を確認したうえで最適な手段でコミュニケーションを行うことを目的としたシステムです。
 アイビジョンは大規模なユニファイドコミュニケーションを想定したシステムとなっておりますが、用途に合わせて従来のテレビ会議のような使い方もできますし、高品位フルスクリーンを使って、専用機のような使い方も可能となっております。
 多彩なコミュニケーションを装備したアイビジョンは次世代のビジュアルコミュニケーションといえるでしょう。
001.jpg

クリア

(c)インターネット,テレビ、WEB会議システム、高品質,高画質 EYE VISION(アイビジョン)