自宅・支店・海外出張先…どこからでも参加OK!!

Q.御社のテレビ会議システムの接続拠点と必要帯域の計算式を教えてください。

◆ 接続拠点と必要帯域の計算式

全拠点、映像込みの双方向通信を行った場合の必要帯域の求め方

N=接続拠点数、A=1拠点当たりの上り平均帯域とした場合
Serverでの必要帯域
上りA×(N?1)×N
下りA×N

Clientでの必要帯域
上りA
下りA(N?1)

計算例)平均128kbpsで16拠点接続を行った場合の必要帯域
Serverでの必要帯域
上り128×(16?1)×16=30,720kbps≒30Mbps
下り128×16=2048Kbps ≒ 2Mbps
Clientでの必要帯域
上り128Kbps
下り128×(16?1)=1,920 ≒ 2Mbps

計算例)平均128kbpsで8拠点接続を行った場合の必要帯域
Serverでの必要帯域
上り128×(8?1)×8=7,168kbps≒7Mbps
下り128×8=1024Kbps ≒ 1Mbps
Clientでの必要帯域
上り128Kbps
下り128×(8?1)=896 ≒ 900Kbps

アドバイス
次の3つの機能を効果的に使って下さい。
?帯域指定機能(主催者)
→ 会議中に変更可能
?帯域指定機能(参加者)
→ 会議中に変更可能
?傍聴機能+発言要請
例)5人会議+11人傍聴=16人会議
※議事録ベースでは、全員参加が可能です。
※発言が必要な場合は、傍聴者から参加者に
変更が可能です。

クリア

(c)インターネット,テレビ、WEB会議システム、高品質,高画質 EYE VISION(アイビジョン)