自宅・支店・海外出張先…どこからでも参加OK!!

2010年10月バックナンバー

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の主な機能を教えてください。

A. アイビジョンの手軽な機能としまして、メッセンジャー機能があります。相手の在籍状況の確認や、ショートメールによる情報が伝達ができますし、ショートメールにはファイル添付機能もあります。
アイビジョンバージョン4.0では、高画質・高音質を実現する高速演算アルゴリズムをベースとした4つの映像コミュニケーションを提供いたします。
まず最初にメッセンジャー画面より、手軽に相手を選択して利用できる1対1のテレビ電話機能があります。VGAモードに対応しておりますので、大型ディスプレイなどを使いますと専用機のような2拠点接続が可能となります。
テレビ会議機能を使いますと最大50人までのコミュニケーションが可能です。傍聴機能や多彩なフルスクリーン機能を使うことにより、様々な状況に合わせた運用が可能です。
年始挨拶や社内勉強会などの一方向映像配信の場合は、ストリーミング機能が便利です。
配信側の操作もいたって簡単ですし、受信側もカメラやマイクの設定と言った面倒な作業の必要性がありません。
ただし、この機能はASPサービスでは提供されておりませんのでご了承願います。
ビデオレポート機能を使いますと、映像・音声およびコメント文を簡単に作成して、転送することができます。
応用例としましては、営業マンの実績報告や、製造業での商品を映して行う事前報告などがあります。
この機能により、相手が不在の場合のビジュアルコミュニケーションが可能となりました。

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の高速演算アルゴリズムについて教えてください。

A. 一般的なアルゴリズムで処理を行う場合は、双方向で許された時間で計算するために、画像を小さくしてフレームレート数を少なくする必要があります。そして受信側では小さな画像情報を引き延ばすために、画質が劣化します。
そのために、MPG4を用いた一般的なビデオ会議システムは画像が小さく、動きが鈍くなってしまうのが現状です。
それに比較して、アイビジョンでは、高速演算アルゴリズムで画像を処理するために、画像を小さくする事なくまた動きも滑らかなままで処理を行う事が可能となりました。

002.jpg


Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の位置づけについて教えてください。

A. ビデオ会議システムと言えば、ポリコムやタンバーグと言った専用機型が主流となっていますが、高音質を実現している反面、コストが高い、設置場所も限定されるといった制限が多いのも現状です。
そこで現在主流となってきたのがパソコンにWebカメラを取り付けて、手軽に使えるWeb会議システムです。
 これはパソコンのデータを共有することもできますし、出張先や海外からも気軽に参加できるところから利用者も増えておりますが、品質面での課題も多く、導入済みユーザ様よりあげられるご要望の
第1位が画質面での改善となっております。一方スカイプなどに代表される無料ソフトを使うケースも増えてきておりますが周辺機器との相性や運用面での問題解決をすべて自社で行う必要があり、システム管理者にとっては大きな負担となっております。
 また最近の新しい流れとして、マイクロソフト社のオフィスコミュニケーションサーバ2007に代表される
ユニファイドコミュニケーションがあります。
 これは電話はもちろん、インスタントメッセージ、テレビ会議などの多様なコミュニケーション手段を1つのソフトウェアで統合し相手の在籍状況を確認したうえで最適な手段でコミュニケーションを行うことを目的としたシステムです。
 アイビジョンは大規模なユニファイドコミュニケーションを想定したシステムとなっておりますが、用途に合わせて従来のテレビ会議のような使い方もできますし、高品位フルスクリーンを使って、専用機のような使い方も可能となっております。
 多彩なコミュニケーションを装備したアイビジョンは次世代のビジュアルコミュニケーションといえるでしょう。
001.jpg

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の海外との接続例は? または注意点は?

A. 多くのお客様が、Web会議の特徴を生かし海外との接続を行っております。
主な接続先は、中国(大連、上海、天津、北京)、韓国(ソウル、牙山、大田)、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)、ニュージーランド、フランス、アメリカ (デンバー)、ブラジル(サンパウロ)、イギリス(ロンドン)、ロシア(モスクワ)、アラブ首長国連邦(ドバイ)、ドイツ(ドュッセルドルフ)、オースト ラリア(シドニー)、タイ(バンコク)、インド(ムンバイ)などです。
海外との接続における最も大きな問題点は回線帯域が細くなることです。
EeyVisionは、会議中に画像帯域を32kbpsまで落とす事が出来ますので音声の品質をクリアに保つ事が出来ます。 高画質の映像を見せたい場合は、事前にビデオレポート機能により録画データとして送る事が可能です。

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」とスカイプとの違いを教えてください。

A.  スカイプは、無料で使えるピア・ツー・ピア型の音声・映像フリーソフトであります。
5拠点までの音声会議または2拠点までの映像会議で利用されるケースが多いようですが、最近は利用者の増加により旨く使えるときと使えないときのバラツキが顕著となっております。
EyeVisionは、有料のサーバークライアント方式のTV会議システムとなっております。
スカイプとの大きな違いは、「3拠点以上の映像会議が可能」「アプリケーション共有を使ったデータ会議が可能」と言った所でしょう。

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」でビデオカメラやコミュニケーションカメラは使えますか?

A. ビデオキャプチャーカードを使いますと、Sケーブル或いはコンポジットケーブルでの接続で使うことが出来ます。但し、EyeVisionとビデオキャプチャーカードとの間に相性問題がございますのでご注意下さい。

推奨のビデオキャプチャーカードを紹介します。

ViewCast Osprey-240e
PCI-expressバス



こちらは高価ですが、動きが激しくても映像は滑らかです。

PCIバス用の廉価版キャプチャーカードです。
I-O DATA GV-VCP3R/PCI

キャプチャーカードの性能により、動きの激しい時は画像が乱れることがあります。
※PCI-Expressには対応しておりません。

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」のWebカメラとの相性はありますか、また確認の方法を教えてください。

A. 最近のWebカメラは、殆どがCMOS型となっております。CMOS型はCCD型と違い映像処理をチップセットで行わずPC内でのソフト処理となっており ます。よってアプリケーションソフトとの相性問題も当然発生致しますので、弊社の推奨Webカメラをご利用下さい。 確認方法としてはMicroSoft 社の画像キャプチャーソフト「AMCAP」で認識できるWebカメラが対象となります。  

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の機能面以外の特徴を教えてください。

A.ASP型、RENTAL型、PACKAGE型の提供スキームを持っている事です。
お客様のネットワークインフラによってはASP型サービスが使えません! そのような場合は、サーバー導入型となりますが、買取型となると使えなかった時のリスクを背負ってしまいます。
RENTAL型サービスを使いますと、月額利用料でイントラネットの中にサーバーが設置出来、尚かつ、運用に載らなかった場合は契約を解除する事も出来ます。

Q.他の商品でも、H264を採用し高画質になっておりますが、違いはございますか?

A.H.264は非常に処理が重く双方向でのWeb会議システムで利用する場合は、PCの処理が重くなってしまいます。 よって、画質は向上してもレスポンスが遅くフレームレート数を上げても計算が追いつかないのが現状でございます。EyeVisionはMPEG4を採用しておりますが、高速演算アルゴリズムにより驚くほどの高画質を実現し、レスポンスも軽く動きも滑らかになっております。

Q.御社のテレビ会議システム「EyeVision」の最大の特徴を教えてください。

A.弊社のテレビ会議システム「EyeVision」の最大の特徴は、?高画質、?高音質、?高レスポンスを実現している事です。
これは、コーデック処理に必要な計算を一般的な手法に比べて10分の1以下の計算量で処理を行う高速演算アルゴリズムによって実現されております。また、この技術はオプション機能であるアプリケーション共有機能にも応用されております。

弊社社長挨拶

21世紀の到来とともに、豊かな物質を求める世界から 本質を求める心の世界に、時代は移行しつつあります。 そして、国際化のかけ声の高まりとともに、個人のみならず 企業にも果たすべき責任が問われる時代になりました。
弊社は1950年、日本経済の礎を築いた繊維部門から出発致しました。
そして、時代の流れがアジア圏に移行されつつあるなかで、次世代における新たなニーズを 先取りし、皆様の幸せで健康的な生活を築くお手伝いをするために努力して参りました。 そして今ITを中心として、時代のニーズにあった新製品を 取り扱う総合商社として 新たな一歩を 踏み出しております。
人を信じ、夢を共有し、実現できることが私たちの「これから」です。
そして、この「これから」を実現して行く為に、より一層の努力を重ねる所存でございますので どうぞ皆様の倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役  岡田 修

Q.御社の会社理念を教えてください。

A.弊社の会社理念は

変革の21世紀に向けて The Best Solution for Success

ビジネスを成功に導く最良のソリューションをご提案します。
21世紀、それは、企業活動に対してインターネットに代表されるスピードとボーダレス化が 最も望まれている時代です。
ENWAは会社創業より培ってきた信頼とノウハウを活かし最先端の技術を取り入れた ソリューションの提供に努めて参りました。
常にお客様に満足・安心していただける企業を目指し、時代のニーズにマッチしたWeb・ ハードウェア技術を駆使したトータル複合ソリューションを提供して参ります。

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー設置場所に関して教えてください。(4)

◆ 3.社内VPN内に設置し、外部に公開する利用範囲=VPN網、インターネットその2.

img4.jpg



接続方式
?本部に設置したLinuxサーバーにLANカードを2枚接続し、
VPN側とインターネット側の両方からのアクセスを可能にしました。
?Linuxサーバー上に、ルーター及びファイヤーウォール機能を実現しております。
?2005年6月より約4年間、一度も進入される事無く運用している実績有り。

インターネット経由の接続
?128bitAES暗号化
?接続先は、外部業者、自宅PC、出張先ホテル等

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー設置場所に関して教えてください。(3)

◆ 3.社内VPN内に設置し、外部に公開する利用範囲=VPN網、インターネットその1.

img3.jpg


1.サーバー設置環境
?必要回線帯域20Mbps以上、
?グローバルIPアドレス必要
?DMZに設置願います。

<制限事項>
?ポートマッピングには、対応しておりません。
?IPマッピングには、対応しておりません。

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー設置場所に関して教えてください。(2)

◆ 2.インターネット回線上に設置利用範囲=インターネット網限定

img2.jpg

1.サーバー設置環境
?必要回線帯域20Mbps以上、?グローバルIPアドレス必要

2.クライアント設置環境
?必要回線帯域1Mbps以上?グローバルIPアドレス不要

3.EyeVision 接続の目安
?接続拠点数25拠点位迄

比較的帯域豊富なインターネット回線を準備する必要あり。(BフレッツBasic以上)
インターネットを利用できるので広い範囲の会議が必要な場合に便利、取引先、海外拠点との会議など。

※確保可能な帯域については、回線業者様に問い合わせ下さい。
※回線の品質を重要視する場合は、Businessでの運用を推奨致します。

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー設置場所に関して教えてください。(1)

◆ 1.社内VPN内に設置利用範囲=VPN内限定

img1.jpg

1.サーバー設置環境
?必要回線帯域20Mbps以上、?グローバルIPアドレス不要

2.クライアント設置環境
?必要回線帯域1Mbps以上?グローバルIPアドレス不要

3.EyeVision 導入の目安
?接続拠点数10拠点位迄

<特徴>
外部との接続が無くセキュリティの安全が確保しやすい。
テレビ会議などの利用者は、社内LANからのみで外部からの参加が余り必要ない場合に活用できます。
サーバを社内におけるので経費が余りかからない。
社内ネットワークに負荷がかかる可能性がある。

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー及びクライアントでの必要帯域を教えてください。

◆ サーバー及びクライアントでの必要帯域

クライアント
下り帯域推奨:1Mbps以上必須:256Kbps以上
サーバー
上り帯域推奨:30Mbps以上必須:20Mbps以上


アドバイス
画像データに関しては、MPEG4による差分転送方式ですので、動きが少なければデータ量も小さくなります。
よって、計算値はあくまでも理論値で有る事を了承願います。

Q.御社のテレビ会議システムの接続拠点と必要帯域の計算式を教えてください。

◆ 接続拠点と必要帯域の計算式

全拠点、映像込みの双方向通信を行った場合の必要帯域の求め方

N=接続拠点数、A=1拠点当たりの上り平均帯域とした場合
Serverでの必要帯域
上りA×(N?1)×N
下りA×N

Clientでの必要帯域
上りA
下りA(N?1)

計算例)平均128kbpsで16拠点接続を行った場合の必要帯域
Serverでの必要帯域
上り128×(16?1)×16=30,720kbps≒30Mbps
下り128×16=2048Kbps ≒ 2Mbps
Clientでの必要帯域
上り128Kbps
下り128×(16?1)=1,920 ≒ 2Mbps

計算例)平均128kbpsで8拠点接続を行った場合の必要帯域
Serverでの必要帯域
上り128×(8?1)×8=7,168kbps≒7Mbps
下り128×8=1024Kbps ≒ 1Mbps
Clientでの必要帯域
上り128Kbps
下り128×(8?1)=896 ≒ 900Kbps

アドバイス
次の3つの機能を効果的に使って下さい。
?帯域指定機能(主催者)
→ 会議中に変更可能
?帯域指定機能(参加者)
→ 会議中に変更可能
?傍聴機能+発言要請
例)5人会議+11人傍聴=16人会議
※議事録ベースでは、全員参加が可能です。
※発言が必要な場合は、傍聴者から参加者に
変更が可能です。

Q.御社のテレビ会議システムのサーバー及びクライアントでの必要帯域を教えてください。

◆ サーバー及びクライアントでの必要帯域(概念)

img105.jpg


※接続拠点が増えた場合に、サーバーの上り帯域が指数関数的に上昇する事をご理解下さい。

Q.御社のテレビ会議システムの1拠点当たりの基本占有帯域を教えてください。

◆ 1拠点当たりの基本占有帯域

img103.jpg



基本占有帯域=(映像データ+音声データ)×TCPIPオーバーヘッド(1.2倍)

低帯域音声= 9Kbps,映像= 32Kbps → 基本占有帯域=50.0Kbps
高品位音声=64Kbps,映像=512Kbps → 基本占有帯域=691Kbps
標準音声=16Kbps,映像= 128Kbps → 基本占有帯域=173Kbps

補足)TCPIPオーバーヘッド試算の裏付
低帯域環境下での導入事例により試算致しました!
→ 環境:下り帯域=600kbps 接続拠点=13拠点
→ 接続条件:映像=32Kbps、音声=9Kbps
※上記環境にて運用できている事例がございますので、TCPI
Pオーバーヘッドは、1.2倍以下と判断致します。

Q.御社のテレビ会議システムのセキュリティポリシーを教えてください。(2)

img95[1].jpg多段プロキシ対応  

HTTPトンネリングにより、複数のプロキシサーバーを通過出来るように設計されております。
※これに関しては相性問題あり。

img97[1].jpg 
 

img96[1].jpgビジネススキームとしてイントラパックを準備   

インターネット上に機密データが流れた場合は、どんなにセキュリティを強化しても100%の安全性の保証はございません。
企業様のイントラネット内で安心して運用頂く為に、サーバー購入型、サーバーレンタル型のビジネススキームを準備致しました。

img98[1].jpg 

Q.御社のテレビ会議システムのセキュリティポリシーを教えてください。(1)

img93[1].jpg全パケットの暗号化 

ショートメール、文章共有データ、映像、音声 等全てのデータに対して128bitAES暗号化を施しております。

img1_2[1].jpg


EyeVisionは、全てのパケットに対して
          128bitAESの暗号化を施しております。

AESは、アメリカ合衆国の新暗号規格 (Advanced Encryption Standard) として規格化された共通鍵暗号方式である。 1977年に発行された暗号規格DESが技術進歩により時代遅れとなったため、新たな暗号方式の公募を行い、2001年3月にFIPS PUB 197として公表された。

img1_3[1].jpg

Q.御社のテレビ会議システム推奨の大型ディスプレイを教えてください。(2)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨大型ディスプレイです。

 

img174[1].jpg
カメラスタンド

PHP-72
希望小売価格 \8,000(税別)
■天板寸法:W440×D220(mm)
■高さストローク:210mm
■質量:約2kg
■耐荷重:約10kg 

img175[1].jpg        

CPUホルダー
PHP-73
希望小売価格 \8,000(税別)
■天板寸法:W400×D100×H300(mm)
■有効内寸:W396×D96×H298(mm)
■質量:約3.5kg
■耐荷重:約10kg 

Q.御社のテレビ会議システム推奨の大型ディスプレイを教えてください。(1)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨大型ディスプレイです。

 

img172[1].jpg   img173[1].jpg  

業務用32型液晶ディスプレイ
NEC LCD3215
■最大表示画素数:1366×768 W-XGA
■画素ピッチ:0.511mm
■重量:約13.1kg
Open Price  

 

専用スタンド
ハヤミ工産 PH?720
■付属品:棚板1枚(460mm×360mm)
■重量:約17.5kg
  標準価格(税別)
□本体  ¥68,000?
□カメラスタンド  ¥8,000?
□CPUホルダー  ¥8,000?

Q.御社のテレビ会議システム推奨の音響機器を教えてください。(2)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨音響機器です。

 

img169[1].jpg   img170[1].jpg    

ポータブルアンプスピーカーシステム
ATP-SP505 /AudioTechnica
■イコライザー:高音、低音の調整機能付き 
■定格出力:10W
■電源:AC100Vまたは単三形アルカリ電池×8本
■外形寸法:209(W)×285(H)×213(D)mm
■付属品:電源アダプター
標準価格 ¥37,000?(税別)  

 

パワードスピーカー
MS101? /YAMAHA
■イコライザー:高音、低音の調整機能付き 
■定格出力:10W(10cmフルレンジ搭載)
■外形寸法:147(W)×214(H)×192(D)mm
標準価格 ¥12,000?(税別)
※別途オーディオケーブルが必要です。

Q.御社のテレビ会議システム推奨の音響機器を教えてください。(1)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨音響機器です。

 

img166[1].jpg   img167[1].jpg   img168[1].jpg

音響エコーキャンセラー装置
NTT-AT RealTALK71
■帯域:100Hz?7000Hz
■エコー消去時間長:100ms
■エコー消去量:45dB(約200分の1)
■重量:750g
標準価格 130,000円(税別) 

 

USBオーディオデバイス
Roland UA-1G
■最大96kHz/24ビットのオーディオ・フォーマットに対応。
■ギター入力端子をはじめ、多彩な入出力端子を装備。
■大型インプット・ボリュームを搭載し、確実な録音レベル調整が可能。
■クリップを知らせるピーク・インジケーターを搭載。
■波形編集ソフトウェアAudio Creator LE(Windows用)を同梱。
オープンプライス 

 

USBオーディオデバイス
Creative SB-EZREC
■推奨用途:アナログ録音
■再生品質/DAC/録音品質 
16-bit/48kHz,ステレオ
オープンプライス 

Q.御社のテレビ会議システム推奨のスピーカーマイクを教えてください。(2)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨スピーカーマイクです。

 

img158[1].jpg
会議用マイクスピーカー

YAMAHA PJP-25UR
対象人数=1?4人,
収音エリア
距離:推奨1.5m/最大3m
水平角:360°
■アレイマイク 4個×3列 
■適応型エコーキャンセラー 
■インターフェイス 
  USB2.0 Full Speed
標準価格 60,000円 

img66[1].jpg        

会議用マイクスピーカー
YAMAHA PJP-50USB
対象参加人数=1?8名
収音エリア
距離:推奨1.5m/最大3m
水平角:360°
■USB接続(ドライバー不要)
■複数台連結不可
標準価格 115,000円(税別)  

 

 

 

 

※USB音響機器をお使いの場合は、USB2.0HUBと併用願います。

Q.御社のテレビ会議システム推奨のスピーカーマイクを教えてください。(1)

A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨スピーカーマイクです。

 

img59[1].jpg   img157[1].jpg  

高性能スピーカーフォン
ClearOne Chat50-USB
対象人数=1?3人,
収音エリア
距離:1m?1.5m、
水平角:マイクを中心に120°
仰角:180°
■エコーキャンセラー 
 (ClearOne特許)内蔵
■ノイズキャンセラー
■インターフェース
  USB2.0 Full Speed
標準価格 29,800円 

 

高性能スピーカーフォン
ClearOne Chat150-USB
対象人数=1?8人,
収音エリア
距離:?2.4m、
水平角:360°
仰角:180°
■エコーキャンセラー 
 (ClearOne特許)内蔵
■ノイズキャンセラー
■インターフェース
  USB2.0 Full Speed
標準価格 69,800円 

Q.御社のテレビ会議システム推奨の専用カメラの周辺機器を教えてください。(2)

    A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨専用カメラの周辺機器です。

 

img164[1].jpg      

ライブストリーミング用高性能ビデオキャプチャー
ViewCast Osprey-240e
■ソフトウェアエンコード
■PCI?expressバス
■ロープロファイルPC対応
■入力(コンポジット、S端子) 
■対応OS[WindowsXP]
オープンプライス 
<検証結果>
・EyeVisionでの運用は可能
・動きが激しくても、画像は滑らかです。

 

 

Q.御社のテレビ会議システム推奨の専用カメラの周辺機器を教えてください。(1)

    A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨専用カメラの周辺機器です。

 

img74[1].jpg   img75[1].jpg   img76[1].jpg

延長用一脚 KUP?80
標準価格 5,200円(税別)

クランプポッド プロ100
オープンプライス 
提供価格 5,700円(税別) 

 

専用ケーブル
Sビデオケーブ
AT390V/3.0(3.0m) 1,400円
ビデオケーブル
AT311V/3.0(3.0m)  1,300円

 

PCI型ビデオキャプチャー
GV-VCP3R/PCI
■インターフェイス:PCIBus
■ソフトウェアエンコード方式
■入力端子:S?ビデオ/コンポジット
標準価格 7,000円(税別)

Q.御社のテレビ会議システム推奨の専用カメラを教えてください。

   A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨専用カメラです。

 

img71[1].jpg   img72[1].jpg   img73[1].jpg

Canon VC?C50i/VC?C50iR(天吊型)
パンチルトズーム一体型CCDカラーカメラ
構成:本体、リモコン、S端子アダプター
標準価格 ¥148,000?(税別)
<主な特徴>
・リモコンによる位置決め及びズームが可能です。
・明るさ調整も自在に出来ます。
・画質が非常に綺麗です。

 

ビデオカメラ
Victor/GR?D850
■撮影素子:1/6型CCD68万画素
■記録媒体:MiniDV(テープ)
■入出力端子:コンポジット
■本体重量:約420g
■電源:AC100?240V
オープンプライス
提供価格 39,800円(税別)
<主な特徴>
・広角レンズと併用した固定式の運用となります。
・録画データの配信も可能です。
・商品により画質が異なります。

 

コンバージョンレンズ (0.7倍)
GL?V0730
標準価格 13,000円(税別)

Q.御社のテレビ会議システム推奨のWebカメラを教えてください。

 A.弊社のテレビ会議システムEyeVisionの推奨Webカメラです。

 

905.jpg   23594[1].jpg   5408[1].jpg

<< ノートPC装着用 >>
固定式Webカメラ
Logicool C905m
■CMOS200万画素
■スタンド及び携帯用ポーチ付き
■カール ツァイス社の光学レンズ
■画角(映る広さ):76°
■ケーブル長:76mm
■保証期間:2年
オープンプライス

?注意?
付属のヘッドセットは音質が悪く、推奨出来ません。

 

<< 液晶ディスプレイ装着用 >>
固定式Webカメラ
Logicool QCAM-200SX
■CMOS200万画素
■カール ツァイス社の光学レンズ
■画角(映る広さ):76°
■ケーブル長:180mm
■保証期間:2年
オープンプライス 

 

<< 回転式卓上型 >>
回転式Webカメラ(参考)
Logicool QCAM-200R
■CMOS200万画素
■メカニカルトラッキング
■カール ツァイス社の光学レンズ
■画角(映る広さ):75°
■ケーブル長:180mm
■保証期間:2年
オープンプライス

クリア

(c)インターネット,テレビ、WEB会議システム、高品質,高画質 EYE VISION(アイビジョン)